2017/12/01

神聖幾何学模様とは

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

自然にも存在するカタチ。

神聖幾何学模様とは?

神聖幾何学とは、地球上にある全ての生命体が持つパターン。その模様は、花びらや雪の結晶など、自然界にある森羅万象のすべてに見る事ができる。人間の「光の体(ライトボディ)」にも幾何学の形をしたエネルギーフィールドがあり、瞑想などによってそれらを活性化することでできるという。

NAVERまとめより

神聖幾何学模様は様々なカタチ、意味がある


神聖幾何学模様は何種類かありますので、ご紹介します。


シードオブライフ(希望)


不安や恐れ、トラウマを取り除く手助けとなる。



フラワーオブライフ(活性化)


何かを始める際の手助けとなる



ツリーオブライフ(調和)


エネルギーを調整し、心身を健全に保つ手助けとなる。



メタトロンキューブ(浄化)


チャクラの状態を正し、心身を整える手助けとなる。



ヤントラ(繁栄)


望みの結果へと導く手助けとなる。



セフィロトの樹(創造)


進むべき道へと歩む手助けとなる。



願いを込めてオルゴナイトを作ってみませんか?




今月30日に東京国立市で出展させていただいた『ヒーリングビュッフェ』で神聖幾何学模様のチャームを取り込んだオリジナルオルゴナイトが作れるワークショップを開催しました^^

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください